自衛隊の南スーダン派遣反対にメッセージをお寄せください!

南スーダンでの「駆け付け警護」に反対を!メッセージをお寄せください

安保関連法に反対するママの会では、「だれの子どももころさせない」を合言葉に、「だれの」いのちも大切にされる世の中を作りたいと活動してきました。安保関連法の下で自衛隊に課せられる新任務に反対するメッセージをお寄せください。国会議員、そして稲田防衛大臣への提出を予定しています。国際情勢や自衛隊についての議論の深まりや、きちんとした法整備のないままに、既成事実だけが進んで行く状態を、今ここでストップさせなければなりません。

南スーダンとは2011年に出来たばかりの国です。石油資源は豊富と言われていますが、識字率は27%にとどまります。多くの人々が貧困に苦しみ、少年兵となって生きる糧を得ようとしている子どもたちがいます。現在、南スーダンでは、政府軍と反政府軍の衝突が再燃し、内戦状態にあります。そこに自衛隊が居続けるというのは、停戦合意を前提とするPKO5原則に反していて、憲法9条にも明らかに抵触しています。

この11月から交代で送られる予定の自衛隊350人には、昨年の安保法制で加わった「駆け付け警護」が課せられています。これは、自衛隊の管理する敷地から離れた場所で襲撃を受けた他国軍や非政府組織(NGO)職員の救援に向かうことです。ところが万が一自衛隊員が「殺す」「殺される」ことになってしまった場合に、法的にどのように裁かれるのかも、くわしくわかっていません。

自衛隊が武器を使用する「駆け付け警護」が、テロなどの暴力の連鎖を引き起こす可能性もあります。日本政府は、南スーダンで命の危険にさらされている人たちに対して、あくまでも憲法9条のもとでの人道支援を行うべきではないでしょうか。私たちはこれを機に、「だれの子どももころさせない」あり方について、もっと広く話し合っていきたいと思います。

署名フォーム

*署名は終了いたしました。たくさんのメッセージを有難うございました。みなさんからいただいたメッセージは、当会が責任を持って政党や国会議員の方々に届けます。メッセージの一覧はこちらです!

コメント コメントを追加

  1. 後藤恵子 より:

    母としも、声を上げ続けていきましょう
    我々の踏ん張り時と思っています
    この機会をもうけていただき、感謝します

  2. 椙木 晃子 より:

    あんな危険な南スーダンに派遣しているのに、日本のマスコミが現地の様子を何も流さないのはなぜですか?
    自衛隊の宿営地が襲撃にあったという情報がネットに上がったものの、その後何も情報が入ってきていません。
    日本のNGO団体は南スーダンから撤退しているという話も耳に入ってきています。
    南スーダンは、今、どうなっているのですか?正確な情報を逐一流して下さい。
    早く南スーダンから自衛隊を撤退させて下さい。駆けつけ警護なんて無理です。絶対に死者が出ます。もう、こんなことやめて下さい。平和外交の努力をしてください。

  3. 松本英治 より:

    戦後最悪の内閣、打倒あるのみ!
    平和憲法を守らせましよう!
    戦争する国にするな!
    大戦の反省の上に産まれた日本国憲法。遵守あるのみ。

  4. レイチェル クラーク より:

    この11月に若手退役軍人とともに、日本にスピーチツアーを行います。実際の戦闘が、政府の言う綺麗事とどれほど違うものか、戦闘経験のある二人が日本の皆さんとシェアしたいお話がたくさんあります。

    詳細は、この企画の日本側サポーターの代表者、武井由起子弁護士にお尋ねください。

    戦いから生まれる平和など、あり得ないと言う事が、まだ人類の常識になっていない事を、強く憂います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です